オペラ「蝶々夫人」

2月に入り、福島はますます寒くなってきました!流行に敏感な社員1名は、現在インフルエンザにかかっております・・・。皆さんも気をつけて下さいね。

 

さて、HPでもお伝えしましたが、先日福島オペラ協会主催のオペラ「蝶々夫人」公演が行われ、弊社は舞台・音響・照明を担当させて頂きました。私イエローグリーンは照明プラン・チーフを担当しました。

 

「蝶々夫人」は好きなオペラの1つではあるのですが、何といってもストーリーが凄く切ない!!今回この公演を担当するにあたってDVDや本も見ましたが、何度見ても最後のシーンは哀しくなります。オペレートしていても切なくなりました・・・(>_<)音楽もまた素敵で、その時の登場人物の心情などが伝わってくるような曲たちだと思います。

 

照明という面では舞台セットを活かす明かりやオペラにおける照明の変化など、考えさせられる部分が多々ありました。明かり1つでその情景を作りだすことはやはり大変・・・でもとても面白いです!もっと頑張って引き出しを増やさなければ~!と実感しました。写真ではあまり舞台セットの雰囲気などが伝わりにくくてすみません(^^;)

 

そんなわけで、また少しオペラの魅力に引き込まれ、照明という仕事にハマってしまった2012年の冬なのでした!