オイルウォッチ 作りました!!

お久しぶりです。営業のアンバーです。

来月9月10日に二本松市あだたら清流センターにて下水道まつりが行われます。

そこで弊社は全体の運営として入らせて頂きます!!

 

今回の目玉は体験・工作コーナーでの色々な実験や工作です!

その中でも数量限定でオイルウォッチ作成のコーナーを設けます!

 

実はオイルウォッチ作成に関して、色々と調べてみたのですが…

ネットにはとにかく情報が無い!!!

作り方の説明はおろか、動画さえマトモなのがありませんっ!

 

こりゃ、困った…

 

ってことで、調べまくった結果、何とか完成にこぎつけました!!

 

こんな感じで完成しました!

 

 

 

 

下は動画です。

とにかく情報が無かったので、1からの作成になりました…

 

こりゃオイルウォッチに関して、情報を探している人も多いんじゃないかしら…?

ってことで、作り方もまとめてみました!

 

オイルウォッチの作り方

 

◯必要な材料

・280mlペットボトル 2個

・ペットボトルのキャップ 2個

 ※ 元々のペットボトルのキャップでもOKですが、キャップの上面が真っ平らなものが良いです。

 (物によっては若干上面が膨れているものもあり、これだと上手くいきません。)

・ストロー(直径6mmくらい)

・キャノーラ油

・食紅

・ビニールテープ

 

◯必要な工具

・接着剤(ポリプロピレンが接着可能なもの)

・接着剤(一般的なもの)

・紙やすり

・ハサミ

・穴あけドリル(ストロー径と同じドリル刃で)

・バケツ(大きめ)

・ティシュー

 

◯作り方

1.ペットボトルのキャップの上面を紙やすりで削ります。

  上部の印刷面が見えなくなるくらいでOK。

  これを2個作ります。

2.ポリプロピレン接着可能な接着剤でキャップの上面どうしを接着します。

  ※コツ 

接着剤を2個のキャップの上面にまんべんなく塗り、5~10分放置します。

その後、2個のキャップを貼り合わせ、乾燥させます。

できれば1日置いて乾燥させたほうが良いです。

3.ストロー径のドリル刃を装着したドリルで、キャップの内側から対角線上に穴を空けます。

4.ストローを3cm程度にハサミで切ります。

  これを2個作ります。

5.切ったストローをキャップに互い違いに差し込みます。

6.差し込んだ接触面を一般用接着剤で補強接着します。

 

横からキャップを見るとこんな感じに入れ違いにストローを差し込みます。

7.空のペットボトルの1個にキャノーラ油を一杯になるまで入れます。

8.6で作ったキャップをキャノーラ油を入れたペットボトルに装着します。

  なるべく強くキャップを締めましょう。

  ※この時、キャップを接着した上部分で回さないように!

   せっかくの接着部分が剥がれてしまうかもしれません!

9.大きめのバケツに水を入れます。

  (280mlのペットボトルが縦に2本入るくらいの深さがあると良いです。)

10.バケツの水に食紅を入れて色を付けます。

   ※濃いめの方が見栄えがするかも

11.もう1つの空のペットボトルをバケツに沈め、色水で一杯にします。

   空気が残らないように!

12.バケツに沈めたペットボトルは沈めたまま、油の入ったキャップ付きのペットボトルをセイヤッ!で逆さにしながら水中で色水のペットボトルと合体させます。

   ※水中でなるべくもう一方のキャップも締めるようにしましょう。

13.水から取り出し、キャップを増し締め、ペットボトルの周りもティシューでよく拭き取る。

   ※油分はヌメヌメがなくなるまでよく拭き取りましょう。

14.ビニールテープでキャップ部分を強めに巻く。

15.逆さにして、ストローの穴の片一方から色水が水滴のように落ち、片一方から油が上がっていけば、完成!!

 

…いかがでしょうか?

今ならギリギリ小学校の自由研究に間に合うかも!?

 

この他、ろ過実験、塩ビパイプ水鉄砲など、楽しいコーナーが盛り沢山です。

是非9月10日はあだたら清流センターの下水道まつりにお越しください!!

 

…あ、言い遅れましたが、弊社は福島県で活動する企画・音響・照明・映像の会社です…。