福島県産業交流館(ビッグパレット)吊物設備保守点検

ビッグパレット管理のブラックパープルです

 

平成30年9月12日~13日にかけて、ビックパレットふくしまの吊物設備保守点検を行いました。

 

保守点検の目的としては、

 

1、舞台装置の安全性を維持し、常に設備の円滑を図る。

2、多種多様化した舞台表現への対応、吊物機器の基本性能の向上を目的としています。

 

吊物ワイヤーロープ、ギヤオイル、リミットスイッチ等の点検については、

不特定多数の人が出入りする、ホールの頭上にある吊物ワイヤーロープが何らかの原因で切断すると、

何百キロもの重量が有る吊物が落下することを意味します。

安全管理上重要な位置付となる吊物は、来館されるお客様に安全且つ健全な装置を使っていただくための

吊物点検となりました。

ビックパレットふくしまは、見本市をはじめ、会議、研修、スポーツ興行、コンサート、など様々な

イベントで使用されています。弊社はそのような複合施設の安全運行に努めています。